照明選びは色温度に注目せよ!【オフィスに最適な照明】

複合機

オフィスでつかうOA機器

オフィスになくてはならないものの一つであるコピー機は、商品を購入するよりリース契約をして使ったほうが経費削減につながったり、保守サービスがあるのでトナー切れや故障の心配をせず安心して使うことができます。

インク

使用している会社が多い

リコーのトナーを使っている会社はたくさんあります。OA機器に備わっている消耗品なので、必要に応じて一つずつ購入するのではなく、ある程度はまとめて購入しておきましょう。その方が安く手に入ることがあります。

設計図

活用できなかったら

cadはコンピューターを用いて製図するシステム全般を指します。うまく活用できると便利なcadですが、活用できていない企業も多くあります。そのような場合は、派遣会社から専門のオペレーターの派遣を受けることもよい方法です。

固定電話

電話代を節約するサービス

IPフォンはインターネットの情報通信方式と同じシステムを利用して音声をやり取りする電話サービスです。一般の固定電話に比べると初期費用及び通話料金が低く設定されているのが特徴です。さらに一定の要件を満たせば通話料が完全無料となるケースもあります。

カラーチャート

計測する機械がある

色温度を測定したい時に便利なのが色彩照度計です。色温度はもちろん色々な事が分かるので多くの会社はもちろん実験にも使用されています。ソフトが装備されているタイプなら計測データがそのままパソコンに取り込まれるので自分で記録する必要はありません。

照明の見え方を考える

ウーマン

適切なモノを買うこと

会社で快適に仕事をおこなうために、デスクやチェアなどをきちんと考えて揃えている状況もあるでしょう。そして、パソコンやプリンターなどのOA機器も高性能の製品を購入して、完璧なオフィスを作り上げている会社もあるはずです。もしも、オフィスに完璧を求めるのなら、モノだけではなく、明かりにもしっかりとこだわるべきです。明かり一つで雰囲気はガラッと変わりますので、ビジネスにベストな照明が欲しいのなら、ある程度勉強してから購入することをおすすめします。なお、照明を購入する上で一番考えなければいけないのは、色温度というものです。これを間違ってしまうと、黄色っぽく見えたり白っぽく見えたりしますので注意が必要です。もしも、色温度のことがまったく分からないのなら、パソコンのディスプレイをいじってみましょう。ディスプレイにも色温度の設定があるため、そちらを変えてみれば、どのような効果があるかすぐに分かるはずです。5000や9300などを交互に切り替えて、見え方の違いをハッキリと認識しましょう。そして、色温度のことが分かったのなら、あとは家電量販店に訪れて、電球や蛍光灯を自分の目で見ることを推奨します。パッケージにもイメージ写真が記載されているケースが多いですが、できれば実際に展示してあるモノで確認したほうがよいでしょう。もちろん、オフィス全体を同じ照明で統一する必要はなく、利用する箇所によって色温度を変えても大丈夫です。

Copyright© 2018 照明選びは色温度に注目せよ!【オフィスに最適な照明】 All Rights Reserved.