照明選びは色温度に注目せよ!【オフィスに最適な照明】

計測する機械がある

カラーチャート

日常生活で使われている

色温度は光源の光を色を表す単位の事です。単位はケルビンで、この単位が低い場合は暖色系を、高い場合は寒色系の色で示されます。赤い炎よりも青い炎の方が温度が高い事から温度という言葉が使われています。また、電球等光を発するものはこの色温度をきちんと把握した上で作られています。電球を購入する時は似たような色温度のものを揃える事で統一感が出ます。この色温度ですが、カメラやテレビと言った家電で使われる事が多いです。特にカメラで写真を撮る場合、色温度について理解しておいた方がより理想に近いものを撮影できるようになります。色温度を自分で調整する事で同じ場所、同じ光景なのにまるで違った場所のような1枚にできます。リアルな写真も幻想的な写真も思い通りに撮影可能です。この色温度ですが、色彩照度計を使う事で測定できます。ケルビンはもちろん、色々な測定ができるのでとても便利です。照明等の点検や実験等あらゆる場所で活躍しています。遠隔測定も可能です。これまでできなかった手が届かない場所での測定はもちろん、あらゆる場所の色温度が分かるようになりました。また、色彩照度計に予めソフトが装備されている場合、そのソフトを利用する事で測定データをパソコンに取り入れる事ができます。新商品等を開発等している時に非常に便利です。この色彩照度計ですがレンタルする事もできます。一時的に使用したいという時はレンタルする事をおすすめします。

Copyright© 2018 照明選びは色温度に注目せよ!【オフィスに最適な照明】 All Rights Reserved.